育毛成分のミノキシジル。

男性型脱毛症に効果がある成分の一つとして、
ミノキシジルがあります。
ミノキシジルは身体の血行を良くするという働きがあり、
頭皮の血行を良くする事で、
毛乳頭への栄養補給を活発にして、
育毛に繋げるのです。
このミノキシジルを使った育毛剤という物が、
いくつか発売されています。
しかしこのミノキシジルは、
頭頂部の育毛には効果がありますが、
生え際の薄毛にはあまり効果がないと言われています。
これは他の育毛成分にも同じ事あるとも考えられています。
ですので、
自分の薄毛の状態をよく考えて、
効果的に使っていく必要があるかもしれません。
また、ミノキシジルには副作用があるとも言われています。
ミノキシジルを15%含むような強力な育毛剤の場合、
性欲の減退と言った副作用が出てくるのだそうです。
成分の含有量が少ない場合は特に心配する必要はありません。
何らかの異常を感じたら、すぐに育毛剤の使用を停止し、
医師の診察を受けた方がいいでしょう。

男性ホルモンに働きかける育毛剤。

男性型脱毛症は、
男性ホルモンのテストステロンが、
ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変質すると、
発生します。
DHTの発生を抑え、男性型脱毛症を防ぐというのが、
育毛剤のひとつの考え方になっています。
DHTは、テストステロンが5aリダクターゼという成分と
結合する事で、発生します。
テストステロンは睾丸の中で生産され、
5aリダクターゼは毛乳頭に存在します。
テストステロンは血管を通じて循環し、
頭皮に達すると、5aリダクターゼと結合します。
ある種の育毛剤は、
この5aリダクターゼとテストステロンの結合を
阻害する働きがあります。
このように、5aリダクターゼの結合を、
阻害する働きのある成分として、
フィナステリド、オウゴンエキス、ノコギリヤシなどがあります。
育毛剤の中にはこのような成分を含ませている物があります。
そういう育毛剤を使えば、
5aリダクターゼの結合を阻害するという、
男性型脱毛症の原因を直接防ぐので、
薄毛対策として実に効果的と言えるでしょう。

男性特有の男性型脱毛症について。

薄毛というものは、男女を問わず発生するものです。
加齢とともに、薄毛が始まるのです。
しかし一般的に見ても分かる通り、
男性の方が薄毛が顕著に進んでいきます。
このような男性特有の薄毛を、
男性型脱毛と呼んでいます。
何故男性特有なのでしょうか?
これには男性ホルモンが関わっているからです。
男性ホルモンのない女性には、
男性型脱毛は起こらないのです。
男性型脱毛に関わる男性ホルモンを
テストステロンと呼びます。
このテストステロンが変質し、
ジヒドロテストステロンというホルモンになると、
男性型脱毛が起こってしまいます。
ヘアサイクルに乱れが生じ、
弱くて細い髪の毛が生えるようになり、
そういう毛が脱毛していくのです。
毛が細いので、
全体的な髪のボリュームが少なく見えるという事もあります。
育毛を図っていく場合、
このジヒドロテストステロンが発生しないように
働きかけると、有効に脱毛を防げます。
そういった脱毛剤が実際にあります。

髪の毛はどのように成長していくのか。

髪の毛が成長する過程をヘアサイクルと呼んでいます。
ヘアサイクルによって髪の毛は生え、抜けていくのです。
まずは成長期から始まります。
この期間に髪の毛は伸びていきます。
毛乳頭を通じて頭皮から栄養分を受取り、
毛母細胞が細胞分裂して髪の毛を伸ばしていく期間です。
この時期は、2年~7年続きます。
次に退行期です。
その名の通り、髪の毛の成長が終わり、
脱毛に向けての準備が進みます。
毛乳頭が頭皮から外れ、収縮していきます。
この期間は2週間~3週間続きます。
最後が休止期です。
毛球が完全に収縮し、いつでも脱毛が出来る状態になります。
そして脱毛するのです。
このようななサイクルに従って脱毛するのは、
ごく自然な事なのです。
1日に50本~100本程度、脱毛すると言われています。
ですので脱毛自体に神経質になる必要はありません。
自然な事だと気に留めないようにしましょう。
ただ、極端に脱毛の量が増えてくると、
薄毛の心配をしないといけなくなります。

髪の毛はどうなっているのか。

頭髪はいくつかの部位によって構成されています。
まずは頭皮の外に露出している部分です。
つまり一般的に髪の毛と呼ばれている部分になるでしょう。
この部分を毛幹と言っています。
次に頭皮の中にある部分です。
これを総称して毛根と呼びます。
根本だけを毛根と言いがちですが、
頭皮の中にある毛の部分も含めて、毛根と呼ぶのです。
毛根の先には球状になっている部分があります。
これを毛球と呼びます。
ちょうど髪の毛を引っこ抜いた時に、
根本が丸くなっているのが分かりますね。
あの部分です。
毛球には窪んだところがあり、
そこを毛乳頭と呼んでいます。
この毛乳頭が重要な部分になり、
頭皮と接続して、毛細血管から栄養分を受け取ったり、
神経を通じて信号を受け取ったりします。
髪の毛の成分を増やす。つまりは髪の毛を伸ばすのは、
毛母細胞と呼ばれる部分です。
この毛母細胞は、毛乳頭を覆うようにあり、
毛乳頭から栄養分を受けて、激しく細胞分裂をし、
髪の毛の成分を作り出していきます。
これが頭髪の構造です。